マツコ・デラックスさんが気になりすぎています。

そば心ゐ田(月曜から夜更かし)は茨城県のどこで定休日は?年末年始の営業時間や口コミも!

こんにちは!
今回ご紹介するのは、
12月25日の『月曜から夜ふかし』
取り上げられた、『うるさすぎる蕎麦屋』
そば心 ゐ田さん。

とってもユニークなお店で
お蕎麦も、お店のご主人も
クセが強い〜
らしいです。

それでは〜、いってみよっ!

<関連記事>
とよまつ紙ヒコーキタワー(月曜から夜ふかし)は広島のどこ?利用料金と周辺の駐車場情報!

ともかく、お店のご主人のクセがつよい!

蕎麦って、こだわりのあるお店が多いことは
想像できますが、
ここのご主人はちょっと違います。

知らずに行ったら、きっと引きます。

ご主人の熱量に!

『月曜から夜ふかし』で紹介された
うるさすぎる蕎麦屋とは、

ご主人がほんとにうるさい!(失礼!)

食べ方にうるさい・・・のもそうなのですが、

声のボリューム的にもうるさいんです!

ご主人としては、

「蕎麦を美味しく味わってもらいたい」

という気持ちからだそうなのですが、

お客さんの隣りに座って、
顔がぶつかるんじゃないかってくらいに近づいて
大きな声で食べ方を事細かく指導するんです!

次から次へとたたみかけるように!それも10分以上!

「まずは、つゆつけないで、そのまま!」

「はいっ!今食べる!そう!そしてよく噛む!よく噛んでよく噛んで〜、飲み込む!はいっ!そうそう!」

怒っている「頑固じじい」ではないんです。

軽快に「ぴゃっ」とか「ちゃ〜ちゃっ」とかいろんな擬音語を言いながら
早口でまくしたてられます。

自分のペースで食べるなんて許されません(笑)

・・・唖然。

「あれ、断れるんですかね。食べるのが心配です。」(インタビューを受けていた初めて来店したお客さん)

わかります、その気持ち。

ここまでくるとギャグとしか思えない!

もういっそ、このご主人の行動を楽しむしかないですね!

お蕎麦は、極太で短い!おすすめは 鴨汁そば!

そんなクセの強いご主人が打つお蕎麦は、
極太で、短いのが特徴だそうです。

水を極力入れないで打っているので
時間がたっても蕎麦同士がくっつかず
噛めば噛むほど蕎麦の甘み・旨味が感じられるとか。

そうなんですよ。美味しさは、蕎麦通の間でも有名らしいんです!

それに、古民家3件分の材料を厳選して立てたというこだわりで、
隠れ家的な雰囲気のあるお店構え。

お店に入ると、落ち着いたジャズが静かに流れていて
モダンな雰囲気。

席につくと、まずはお抹茶とお茶菓子を提供してくださる。

名物の『鴨汁そば(2,200円)』は、
高級フレンチにもつかわれる鴨肉を使用し、
それぞれ小さい鉄板でネギと鴨肉を焼いて食べるというこだわり。

 それも『5度楽しめる』と言われているそうで、

1.まずは何もつけずに蕎麦だけを味わう。

2.次はそばつゆにつけて。

3.そばつゆに薬味を入れて。

4.焼いたかもとネギと一緒に。

5.極めつけは、鴨肉を焼いた鉄板でそばを焼いて焼きそばに!(味付けはそばつゆと唐辛子)

お、美味しそう!

その後に出てくる蕎麦湯も特徴的で
ドロっとしていて蕎麦の旨味が濃いんだそうです。

こうやって見ていくと、
ご主人の相当なこだわりがあちこちに感じられます。

ああしてご主人が説明するのもわかる気がしてきました。

ちなみに、ご主人がマンツーマンで指導するのは
この『鴨汁そば』だけだそうで、
忙しいときなど、必ずしも体験できるものではないそうです。

・・・あれ?なんか、逆にご主人の指導を受けたくなってきた・・・ような。

口コミや評判をまとめてみた!

それでは、口コミをざっとご紹介します!

「細い蕎麦が好みの方でもこの力強い極太の強烈な風味を味わえば蕎麦の世界がもっと広がるかと思う
おすすめです」

「そばは極太で、すすっていただくことはできません。すこしづつ噛みながらいただきます。そうすると、そばの香りと味をしっかりと堪能することができ、実に合理的な形状だと思います。」

「ここはそば湯もとても美味しいです。とても濃厚で、そばとつゆの組み合わせをしっかりと楽しむことができます。」

「好き嫌いがはっきり分かれるお店だろうから好きな人には忘れられない名店になるだろうないろんな意味で」

訪れた皆さんの感想は、ものすごく良い印象です。
味はお墨付き!
そして、ご主人のおちゃめなマンツーマンの指導を楽しんでいる方も!

あれは、外国の鉄板焼屋でシェフがヘラをブンブン振り回すのと
同じ感覚、つまり「パフォーマンス」として楽しめば良いんですね!

アクセスや営業時間は?

茨城県の筑波山の山道の途中にあるそうで、
ナビが無いとと迷いそうなくらい、わかりにくいところにあるそうです。

■そば心 ゐ田
茨城県つくば市筑波552-3
TEL:029-850-8082
定休日:木曜日
営業時間:11:00〜19:30
アクセス:つくばエクスプレス『つくば』駅からバス「つくバス北部シャトル」で終点『筑波山口』下車、徒歩20分(約1.8km)。

気になる年末年始の営業ですが、
独自のホームページがなかったので
正確な情報は得られませんでした。

お蕎麦屋さんなので、31日は
営業する確率が高いかもしれませんが、
直接お店に問い合わせるのが確実ですね。

山奥ですし、行って閉まってたら悲しすぎますもんね。

まとめ

今回は、ユニークな隠れ家的お蕎麦屋さん
『そば心 ゐ田』さんについて見てきましたが、
いかがでしたでしょうか?

最初はご主人の熱量に若干引いていた私ですが、
なんか、もう、洗脳ですかね。

めっちゃ行きたくなってる(笑)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
またお会いしましょー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です