マツコ・デラックスさんが気になりすぎて夜も眠れません。

マツコが好きな女子アナは誰?根拠となるおもしろ名言や評価するポイントに共感!

こんにちはー!!

今回は、度々マツコ・デラックスさんが発言している
女子アナについてです!

色んな所で女子アナ嫌いを公言しているマツコさんですが、
その中で気になったのが
「マツコ・デラックスのお眼鏡にかなう女子アナは存在するのか!?」
ということ。

マツコさんの女子アナ嫌いの発言を聞いていると
媚びたり、計算高いところがミエミエなのが気に入らないようですが、
そんな厳しいマツコさんに一目置かれている女子アナがいるのか
調べてみました!

それでは〜、いってみよっ!

予想としては、やっぱり国民的人気なアノ人でしょう!

まずは、わたくし管理人の予想から。

それは、共演経験の多い
夏目三久アナ
ではないでしょうか?!

媚びるイメージもなく、逆に独特の雰囲気があって
「人は人、私はわたし」と割り切っているような清々しさが
管理人には感じられます。

あとは、アヤパンこと高島彩アナ。
以前、マツコさんは
「女子アナはホステスまがいよ。ホステスという職業を馬鹿にしているわけじゃなくて、ホステスまがいなの。」
と発言していましたが、(キビシー!w)
高島アナは、
媚びるのではなく、ホントのプロのホステス役を
担える方だと思ったからです。
ここで言うホステスは、まがいではなくて、
司会として、案内役として他の出演者や視聴者の
心地よくいられるように振る舞う、
という意味で。

さて、マツコさんの好きな女子アナは、一体誰なんでしょうか!?

マツコさん絶賛女子アナ!実際はアノ人でした

管理人が調べた結果、3人いらっしゃいました!
順番にご紹介します!

まずはこの方!

水卜麻美アナです!
国民的人気女子アナが入ってきましたよ!

さて、注目の二人目は・・・

高島彩アナです!
芸能人からも絶大な信頼を得ている高島アナを
絶賛している発言がみうけられました!

最後のひとりは・・・

上田まりえアナです!
女子アナの中でも異彩をはなつ彼女は、
どうやらマツコさんのお気に入りのようなのです!

どうでしょうか?マツコさんの気に入るツボ、わかりますか?

視聴者も共感!?マツコさん絶賛女子アナの所作・言動まとめ!

さて、ここからは、先程名前が出てきた3名の方に対して
マツコさんが一目おいている証拠となる発言を
ピックアップしてみたいと思います!

まずは、水卜麻美アナに対しては、

「残念ながら、この女だけは本当に非の打ち所がない。完璧。」
「最初からカトパンを目指していないところが卑怯だもん。端からそこの勝負は避けた上で完全勝利している。」

言い方はアレですが、かなりの褒め言葉ですよね!
マツコさん独特の言い回しでの大絶賛です。

続きまして、高島彩アナに関してはこちら。

「素顔はそれほど可愛くないと思う。メイクが天才的にうまいの」

と落としたかと思いきや・・・

「ホント、アヤパンは凄い。全然噛まないし、大物が何人いようと、まったく物おじしないの」

と、こちらもべた褒めです。

最後は、上田まりえアナです。

「上田まりえはスゴイ! 女子アナではない!」
「朝からこんな鋭い表情の女子アナを見たことが無い!」
「女漁師みたいだ」
「まだまだ、これから上田まりえは伸びる!」
「私が思った通りの女だ! 大好きだ! 上田まりえが!」

こちらは、完全に「好きだ」って言っちゃってますね。(笑)

マツコさんが上田アナを好きな理由として以下のことがあげられるようです。

・「野球が好きすぎて、枕元にマイグローブを置いて寝る。野球と結婚して“野球まりえ”という名前になりたいほど野球が好き」という上田アナの発言から、
「こんなに純粋な子がいるんだ」と感心した。

・マツコさんに「アンタ、今、誰とつきあってんの?」と聞かれたときに、「芸能事務所のマネージャーさん」と素直に答えた。

上田アナの言動が女子アナらしくないところに
好感をもっているようです!

番外編

さて、今まで女子アナ3人を取り上げてみましたが、
管理人のわたくしの予想でもある
夏目三久アナはどうかというと・・・
認めている女子アナのひとりみたいです!

『怒り新党』という番組でも有吉さんと3人で絶妙なトークが繰り広げられ、
夏目アナが番組を卒業するときは
残念がる視聴者の方も多かったそうです。
私の予想通り、夏目アナの他人には流されない姿勢が
マツコさんに一目置かれる理由の一つだそうです。

また、マツコさんは、夏目アナの容姿を絶賛しており、

「お世辞ではなく近年の女子アナの中では全局合わせて、“綺麗さ”で言ったらトップクラス。」

と発言しています。

というわけで、夏目アナも一目置いている女子アナに
認定してもいいのではないでしょうか!(勝手に言ってるだけですが・・・)

番外編 その2

番外編2としましたが、
こちらの方はマツコさんが一目置いているどころか、
とても尊敬している方で大好きな方だそうです。

それは、元NHKの
加賀美幸子アナウンサーです!

きっと顔はぱっと出てこなくても、
声を聞けばきっと一度は聞いたことがあると思います。

上品で、落ち着いて聞き取りやすい語り口調の加賀美アナのことを

「もうあんなひと出てこない。」

と表現しています。

2013年には、マツコさんの念願だった加賀美アナとの
初対面、対談が実現し、
NHKで放送されました。

日頃あまり自身の生い立ちの話はしない
マツコさんですが、このときは
「加賀美さんだとなんでも話せる」と
幼少期の頃からの生い立ちや
『生と性について』など、
赤裸々に語りました。

普段、ゲイであることやセクシャルマイノリティについては
発言しないと決めているマツコさんですが、
このときは、加賀美さんの前で
素直に語っていらっしゃったのが
印象的でした。

内容については、別記事で書きたいと思います!

まとめ

さて、今回は、マツコさんが好きな女子アナを
見てきたわけですが、
マツコさんは「女子アナ」と「女性アナウンサー」を区別していると発言しています。

男の欲望や願望に乗っかっているだけの女は「女子アナ」なのよ。
それとは別に、自分の主張があって仕事をしているのが「女性アナウンサー」なのよ。

このことから、今回名前を上げた方々は、
マツコさんからすると、
『女性アナウンサー』
なんでしょうね!
言われてみれば、納得の結果でした!

最後までお読み頂きありがとうございました!
またお会いしましょー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です