マツコ・デラックスさんが気になりすぎています。

マツコ会議(2月2日)に登場のコミックエッセイ作品と作家まとめ!無料&お得に読む方法も!

マツコ会議コミックエッセイ編集部

こんにちは!

最近、カップラーメンのスープが
胃もたれで飲み干せない、コマツです。

さて今回は、2019年2月2日放送のマツコ会議のテーマ
『コミックエッセイ編集部』について
まとめてみました。

まず、コミックエッセイとは、
「自分の身の回りで起きた出来事」や「実体験」をベースにした漫画作品で、
編集部に作品を持ち込んで書籍化される昔からのスタイルとは異なり、
ブログやTwitterなどのSNSなどで作品を発信している作家さんを
出版社の方からスカウトするのが主流になっているとか。

最近は、ネットニュースを見ていても
コミックエッセイの紹介記事を
よく見かけるようになった気がします。

私コマツも、特に自分の子供が赤ちゃんの頃には
子育て系のコミックエッセイには
大変にお世話になりました。

初めての子育て。
何もわからず、専門書のように上手くいかず、
寝不足や不安定なホルモンバランスに翻弄されながら
ストレスばかりが溜まっていく日々・・・

そんな中で出会った子育てコミックエッセイは、
実体験を元にしているからか
とても共感できて「私だけ悩んでいるんじゃないんだ!」と勇気付けられたり、
面白エピソードで元気をもらったりしていました。

さて、今回の番組では、どんな作品、作者が紹介されるのでしょうか?
編集部の中や、作品が作られる過程も気になります!

それでは〜、いってみよっ!

【マツコ会議】番組で潜入した編集部はKADOKAWA!

今回番組が訪れた編集部は、大手出版社のKADOKAWA

こちらの出版社で一番有名なコミックエッセイといえば、
2010年に井上真央さん主演で映画化もされた
『ダーリンは外国人(小栗左多里:作・絵)』シリーズでしょうか。

ダーリンは外国人ベルリンにお引越し トニー&さおり一家の海外生活ルポ (メディアファクトリーのコミックエッセイ) [ 小栗左多里 ]


映画化やドラマ化されたKADOKAWAのコミックエッセイ作品はほかにも、
2018年11月に上映されたばかりのこれまた有名女優の吉田羊さんが出演した
『母さんがどんなに僕を嫌いでも(歌川たいじ作)』

新版 母さんがどんなに僕を嫌いでも [ 歌川 たいじ ]

NHKでドラマ化され、来たる2019年2月22日に映画公開予定の
『ねことじいちゃん(ねこまき作)』は、立川志の輔さんが主演です!

ねことじいちゃん (メディアファクトリーのコミックエッセイ) [ ねこまき ]

今後も、ドラマや映画の原作として、
コミックエッセイが注目されていくことと思います!

【マツコ会議】番組内で紹介された作者・作品のまとめ!

さーたりさん 〜3人子持ち外科女医の日常を綴る~

マツコ会議の番組予告でも登場し、

マツコさま

ひと言でいうとヤバイ人ですね。
とマツコさんに突っ込まれていたのは、
さーたりさん。

腐女医の医者道! 外科医でオタクで、3人子育て大変だ!編 [ さーたり ]

3人のお子さんを持つ現役外科医のママさんで、
旦那さんもお医者さんだそうです。

一般人には未知なる外科医の日常や
そんな超多忙ワーキングママの子育て、
はたまたコミケに通うオタク腐女子な面まで
多彩なエピソードで笑わせてくれます。

Amebaブログのトップブロガーとして
現在もマンガを掲載中です。

卯野たまごさん 〜占い師兼マンガ家の幸せ引き寄せ術を伝授


手相占いであなたの幸せ引き寄せます! [ 卯野 たまご ]

もともと引きこもりニートだったたまごさんが、ある日突然路上の占い師にスカウトされて断りきれないままに占い師になり、その後自らの夢だったマンガ家になるという嘘のような実話。
手相の見方から運気を上げる方法まで、占い師ならではの視点で幸せの掴み方を伝授してくれます。

小林潤奈さん 〜ぽっちゃり姉妹のハイカロリーな日常を描く


禁断の変態ごはん 小林姉妹presents魅惑のハイカロリーグルメ読 [ 小林潤奈 ]

こちらは、仲良し姉妹のほんわか系エッセイ。
番組ではマツコさんに喝を入れられている場面も!
今後の作品が一層楽しみになります!
マツコさんの助言は、反映されるのでしょうか・・・?

お柿さん おしりのなやみ~便通改善日誌~

こちらは書籍化はこれからの作家さん。
ご自身のブログおかきぶろぐで、「おしりのなやみ」という4コママンガを連載しています。
テーマはズバリ「痔」。
マツコさんは

マツコさま

(テーマが)狭いと思うのよ(笑)
とのコメントでしたが、
きっと、隠れてお悩みの方には共感できる内容かもしれません。

お柿さんのnoteで無料で作品を読むことができます。
きっと今後出版された時には、noteに掲載されていない書き下ろしもきっと追加されていることでしょう。

【番外編】コミックエッセイをお得に読むには?

さて、これまでざっとコミックエッセイを紹介してきましたが、
電子書籍をお得に読む方法をご紹介します!

BOOK WAKER (ブックウォーカー)

こちらは、KADOKAWA直営の電子書籍サービス。
番組に登場した3人の作家さんのコミックは全て購入可能です。

また、現在、初回購入(何冊でも)の合計金額から半額をコインとして還元するキャンペーン中です!
この機会に一気に購入して、その還元コインで、また新たな作品を買うこともできますね!

こちらは、月額使用料はなく、事前にポイント購入の必要もありません。

BOOK WAKER (ブックウォーカー)の無料登録はこちら

U-NEXT (ユーネクスト)

こちらのサービスは、どちらかというと映画やドラマを見るサービスという印象が強いかもしれませんが、
映像以外にも電子書籍や雑誌も取り扱っているところが魅力です。
無料トライアル中は、「見放題作品」が無料で見ることができますが、
600円分のポイントがプレゼントされるので、それを使って有料コンテンツを利用することができます。

また、無料トライアル後も継続すると
毎月1200ポイントをGETできるチャンスがあるので、
ポイントを使って有料コンテンツも楽しめます。

映像も、書籍や雑誌もまるっと楽しみたい方にはおすすめ!

U-NEXT<ユーネクスト>の31日間無料トライアル登録はこちら

まとめ

マツコさんが番組内で

マツコさま

コミックエッセイなんて、まともな人間が描いたまともなモノなんて誰も読みたくないのよ
とおっしゃっている通り、作者が面白おかしく描いた七転八倒する姿に笑ったり、共感したり。
時には、自分と違う世界の人がどう思っているんだろう?という興味が人気の秘密なのかもしれませんね。

ここで、マツコ会議とは全く関係ないですが、
私が大好きなコミックエッセイを
紹介させてください!

↓↓↓ こちら!!
東村アキコ作
『かくかくしかじか』(全5巻)

かくかくしかじか(1) [ 東村アキコ ]

『東京タラレバ娘』・『海月姫』・『主に泣いています』 など、
映画化、ドラマ化された作品多数の
売れっ子マンガ家の東村アキコさん。

この『かくかくしかじか』は、
東村さんが主に高校・美大生時代からマンガ家として活躍するまでの道のりを東村さんのギャグを交えて赤裸々に描き、また、ある恩師への想い(恋愛ではない師弟愛)が痛いほど溢れているすてきな作品です。

「好きなことを仕事にする!」
なんて、簡単には言えなくなる。
そこまで行くためには、怠慢、挫折、努力、継続・・・
いろんな曲がりくねった道を歩いてきた東村アキコさんの作品、
おすすめですー!

ちなみにですが、東村アキコさんの作品の電子書籍はU-NEXTでも扱いがありましたので、
興味のある方は【U-NEXT 31日間無料トライアル】から登録してみてはいかがでしょうか?

それでは、また!

マツコ会議を無料視聴できるのはどこ?見逃し配信動画や未公開の掘り下げも調査! ハリネズミ美容鍼(マツコ会議)の芸能人も通う東京の店舗を調査!料金と小顔効果についても! アワーグラス(マツコ会議の高級時計店)は銀座のどこ?セレブ御用達ブランドやモデルも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です