マツコ・デラックスさんが気になりすぎています。

けやき坂が日向坂(ひなたざか)46へ改名した理由は?発表時の生配信(ショールーム)動画を調査!

2019年2月11日にSHOWROOMの生配信で、
けやき坂46(ひらがなけやき)が、単独デビューを発表しました。

おまけに、このデビューを期に、
改名することを発表!

新しい名前は、『日向坂(ひなたざか)46』

メンバーの皆さんは、泣き出しそうな顔で
抱き合って喜んでいました。

けやき坂(ひらがなけやき)が誕生して3年が過ぎての
満を持してのデビューとなるわけですね。

そして、なんと改名に関しては、その場でのサプライズ発表で
メンバーも知らなかったとか。

そこで、今回は、3年かけて頑張ってきた
けやき坂という名前を変える理由や、生配信された動画について
調べてみました。

それでは〜、いってみよ!

けやき坂が日向坂(ひなたざか)46へ改名した理由は?

さて、先程も書きましたが3年もけやき坂(ひらがなけやき)でがんばってきて、
今さら改名なんて、結構思い切った決断ですよね。

でもそこは運営側も抜かりなく、
日向坂という名前は、乃木坂、欅坂、に続く、東京都港区に実在する坂から名前をとったことで、
坂道シリーズの一員だよ!ということですね。

実在する坂は、漢字は日向坂ですが、読みが『ひゅうがざか』だそうです。

『ひなたざか』という名前、
メンバーのあいだでも好評だったようですが、
たしかに、響きもかわいいし、
「ハッピーオーラ」をコンセプトにしていた
グループの雰囲気にも合っている気がします。

おまけに、ひらがなにした時の字画が「ひなたざか」のほうが
字画から運勢が良いとのことで、
あえて、読みを変えたそうです。

ちなみに、日向坂46になってからのコンセプトは
さらに見る人を幸せに、さらに心を暖かくする
「ハッピーホット」だそうです!

それに、生配信でもほとんどのメンバーが
改名したい・「けやき坂」という名前に悩んでいた
というような発言をしていました。

改名理由としては、
運営側から理由がはっきり公表されたわけではないですが、
生配信内でのメンバーの発言や、ニュースから要約すると、

・欅坂46の妹的存在だとしても、欅坂46と混同されることがある
・インターネットで検索しても欅坂46が先に出てきてしまう

というところかなと思います。

あと、これは全くの想像ですが、
・妹分的な控えめな立ち位置ではなく、乃木坂・欅坂と肩を並べる坂道シリーズのグループとして飛躍してほしい
という運営側の想いがあったのではないでしょうか?

ゲスな言い方すれば、
「この娘ら、欅坂の看板が無くても売れるんじゃね?」
という思惑があるのかも・・・

SHOWROOMで生配信された発表時の動画を見つけたよ。

生配信は、SHOWROOM(ショールーム)という動画配信アプリで行われました。

ですが、残念なことにこのアプリは、見逃し配信のような
生配信を後で見るという機能、
いわゆるアーカイブ機能が無いんです!(記事執筆現在)

ですが、探せばあるものですね。
Youtubeに、生配信動画が上がっていました!

公式チャンネルではないので
いつ消されるかわからないですが、
載せておきます。

改名や単独デビューを発表したSHOWROOM(ショールーム)の動画はこちら!

まとめ

日向坂46がデビューするにあたって
執筆現在でわかっている先のイベントは、以下です!

・2月12日ー 日向坂46の単独公式サイトオープン
・3月5,6日ー 横浜アリーナにてデビューカウントダウンライブ開催
・3月27日ー 待望の単独シングルデビュー
・シングルデビュー曲は「めちゃかり」とのタイアップ!

最近、AKBグループでは、残念なニュースが続いていたので、
久々のワクワクするニュースでしたね!
今年の紅白も目指せるかもしれません。

それでは、また〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です