マツコ・デラックスさんが気になりすぎて夜も眠れません。

マツコの絶版処女作『アタシがマツコデラックス!』をレビュー!感想やネタバレと最安値は?

こんにちは!

今回は、マツコ・デラックスさんの処女エッセイ
『アタシがマツコ・デラックス!』
をレビューしてみたいと思います!

こちらの作品は、2002年に出版され、現在は絶版となっているレア本です。

2002年ということは、マツコさんがブレイクするきっかけとなったと言っても過言ではない
『5時に夢中』のレギュラー出演するよりも前の作品で、
テレビ出演もほとんどない時代。

ちょうどマツコさんが30歳を迎える年です。

現在45歳のマツコさんですが、
当時の売れる前のマツコさんのエッセイ。
内容が気になりますよね!

それでは〜、いってみよっ!

マツコさんのグラビアたっぷり!若かりし頃の姿を堪能!

一番驚いたのは、マツコさんのメイクや衣装!

印象としては、これぞドラァグ・クイーンという感じです。
銀髪のかつらをかぶったり、
アイラインも真っ黒でぶっとい。
リップも「プール授業で寒くなりすぎて震えている小学生」みたいな紫色のカラー。

いわゆるド派手です。

そして、衣装協力に中村うさぎさん(ご本人もワンカット登場してます)。
挿絵は、くらたまこと、倉田真由美さんが担当しています。

濃いですね。メンツが(笑)。

でも、中村うさぎさんは、無名で原石のマツコさんを発掘した張本人ですから、
登場するのもうなずけますね。

高級そうな毛皮を羽織ったマツコさんの写真がありますが、
きっとあれは中村うさぎさんの私物でしょう。

あとは、肌のちがいにはびっくり!

マツコさん、現在はきっとお高い化粧品やメイク用品を使っていて
お手入れもされているのか
45歳には見えないくらいに肌が綺麗ですよね!

でもこの頃のマツコさんは、荒削りというか、
ふつーの男性の肌なのです。

若いのに。若いから?

それとも、見られる仕事をしていると変わるって言うやつでしょうか?

現在はネイルやアクセサリーなど、注目している女性も多くいますが、
このころは、少し垢抜けてないところが逆に好感持てます。

過去の男性遍歴や醜態を赤裸々告白!

はなし言葉で書かれているので、
読みながら脳内でマツコさんの声で再生されるような感覚です。

内容は、自分をキワモノ扱いして自虐する場面あり、
過去の破天荒な男性遍歴を赤裸々に告白したり、
でも、視点が今のマツコさんを彷彿とさせる鋭さだったり。

20代後半の1年間で「寝糞・寝ゲロ・寝小便」を体験したとか、
(しかもその時の状況を赤裸々に語っています笑)
付き合っていた人にバケツで水をぶっかけられたりなどなど。

また、重度の過食症で食べては吐くを繰り返し、140kgから70kgまで激ヤセした後、
またリバウンドするなど、精神的に病んでいたことも激白しています。

そして一番驚いたのが、マツコさんが過去に
男性の勤める会社や乗っている車にこだわっていた頃もあったというくだりです。

「アタシよく解るのよねえ、バカ女が一流企業に勤めてるオトコと付き合いたがるのって。
だって自分に何もないんだもの。
本気で打ち込める仕事とか、自慢できる特技とか、センスのいい趣味とか、
ひとつでも本物があればいいんだけどね。
結局、アタシは自分に自信がなかったのよ。
自信持てったって無理よ。
身体はこんなだし、学歴はないし、知性も教養もないし、無職なんだから。」

自虐しながらも的を得た世の「バカ女」の内面の描写は
なるほどと思いました。

絶版のこの本、どこで、いくらで手に入る?

これまでレビューしてきましたが、
現在は絶版となっており、
新品は手に入らない状況になっています。
そうなると、中古本を探すことになるわけですが、
調べてびっくり!

定価 1,180+税 のはずが、
プレミアが付いて、とんでもない価格になっています!

現在は、Amazon

47,850円!!!

コレクター商品となっているようで
よっぽどのモノ好・・・いやいや
熱烈ファンの方は検討して見る価値はある!?

まとめ

全体的に現在のマツコさんよりも
下世話でエッジの効いた内容でしたが、
破天荒な行動にくすっと笑ったり、
根は真面目で古風なマツコさんの人柄に触れてほっこりしたり、
鋭い人間観察眼にはっとさせられたり・・・。
現在のように人気ものになる片鱗が色んな所に垣間見えます。

とにかく、スラスラ読めて面白い作品ですよ!

もしかすると近所の図書館に所蔵されているということもあるかもしれませんので
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

『アタシがマツコ・デラックス!』、おすすめの一冊です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です